特許・実用新案・意匠・商標・著作権のことならお任せください。 特許業務法人 平和国際特許事務所

ENGLISH / JAPANESE

コラムCOLUMN

  1. TOP
  2. 知的財産の概要
  3. 知的財産を管理して企業の特許を守ろう

知的財産を管理して企業の特許を守ろう

知的財産の管理は至上命題

知的財産の管理は至上命題知的財産というのは企業にとっての宝であり、これについての知識がないと必ずと言ってよいほど損をすることになるでしょう。
まず知的財産というのは、発明であったり創作によって誕生したものなどを、これを発明した人の権利として保護するためのものです。
知的財産にはいくつか種類があり、所謂特許、実用新案、商標や意匠を産業財産権と呼びます。
その他にも著作権や商号など、数多く存在しているのが特徴です。
これらを管理することは非常に困難で、把握すらできていないケースが少なくありません。
知的財産をしっかりと管理しないと企業側に権利があるはずの特許をきちんと守ることは困難でしょう。
ただややこしい問題ですし、普段我々が知的財産について真剣に考える場もそう多くはありません。
しかし、専門家の手を借りることにより企業の特許を守ることは容易にできます。
各企業は生き残りをかけて常に新しい技術や商品などを開発していますが、その過程で様々なものや事柄を発見、発明します。
これを特許取得などすることで勝手に使用されることはなくなりますし、管轄している特許庁がきちんと管理をしてくれます。
しかし特許の出願などを自ら行うとなると大変で骨の折れる作業です。

知的財産の管理のためにできること

特許出願を自社でするとなると、専門家がいない場合は非常に不利になるでしょう。
まず出願まで非常に長い時間がかかることも想定されますし、本来特許出願は戦略を用いて行うものですから、無闇に行うのは褒められた行為ではありません。
信頼できる弁理士がいる特許事務所に依頼を行うことによってスピーディーに、そして確実性の高い仕事をしてくれるでしょう。
あまり表沙汰にはなっていませんが、知的財産を巡る争いというのはかなり多く発生しており、非常に醜い争いになるケースも多いです。
自社が発明したものを他社に勝手に使用されないためにも、特許を含む知的財産について把握することが重要です。
企業同士の争いになると双方とも企業体力が低下するでしょうし、マイナス面しかありません。
せっかく発明した技術ですから、特許により、権利を守りたいものです。
弁護士や司法書士、行政書士という職業は知られていますが、弁理士には馴染みが少ない人もいるでしょう。
ですが弁理士は知的財産を守るプロフェッショナルでもあります。
特許事務所なら、専門家ならではの知識や経験を活かした取り組みが可能です。 知的財産の管理のためにできること